個人型年金の必要性とは?

前回の続きです。
この場合は、運営管理機関が定めた場合に限り、変更できます。
老齢給付金は、60歳以降になれば、加入者が請求します。
受給を始めます。
<老齢給付金の受給要件について> 原則として60歳から受給できますが、加入者が60歳になった時点での通算加入者等期間がポイントになりますね。
10年に満たない場合は、受給する年齢が変わります。
例えば、8年以上の加入なら、61歳から受給が出来ます。
6年以上加入でしたら62歳から受給することができます。
また、4年以上の加入ですと63歳からが受給することができます。
2年以上の加入だと64歳からが受給することが可能です。
そして、1月以上ですと65歳から受給することが出来ます。
また、個人型年金、企業型年金において加入者と運用指図者の期間の合算があります。
<障害給付金について> 60歳になる以前に傷病などにより、一定以上、障害状態となった加入者は、傷病になっている一定期間、1年半を経過して、国民年金基金連合会に請求することによって受給が始ります。
加入者が亡くなった時、遺族は一時金として受給することができます。
年金を受給中に加入者が死亡した場合、遺族がその年金残高を「国民年金基金連合会」から受け取ることができます。
ほけんの窓口相談に持っていくものは?個人情報心配【保険証書必要?】