最近の火災保険は細かく自分で選べるようになっているそうです

近頃の火災保険は非常に柔軟性が高く、一昔前のようにあらかじめ決められたプランのものだけ、という損保会社は少なくなりました。
自分のライフスタイルや予算等に応じて、補償内容などを自分で選べる火災保険、というのが今の主流であり、逆に言えばそうでない火災保険は人気が低く、支持を得られないのが現実です。
それもそのはずで、火災保険というものは様々な保険の中でも、実際に利用される頻度はかなり低い保険です。
ケガや車の事故等と比較しても、自宅が災害等で被害を受ける可能性というのは相当低いでしょう。
そのため多くの方は、できるだけコストを抑えつつ最低限の安心は買いたい、と考えているのです。
そのニーズに応えたのが自分で選べる火災保険というスタイルなのだと言えるでしょう。